協会について

子育て・勉強・スポーツ

超脳トレ法を取り入れて通知表オール5!難関校にも合格!

杉本桂子さん スクール主催 

私達が主催している子供の教室は、親子で参加して、親もどんどん夢を叶えていく教室です。
超脳トレのメソッドを取り入れていて、超高速モーツァルトなどさまざまなメソッドを使っています。
私達の教室では、子どもたちへの宿題として、まずシンボルイメージシートにかなえたい夢を書いてもらいます。
「漢字テストで100点!」「○○中学校に合格」などの子もいれば「なわとび30回」と書く子も。
お母さん主導ではなく、子どもに夢を書いてもらい、大切なことは、夢がかなったときの気持ちもいっしょに書くことです。
教室では、「テストで100点を取れました。とってもうれしかった!がんばってよかったです」と発表してもらい、その場面をイメージしてもらいます。このとき、ほかの子どもたちもいっしょにイメージします。「よかったね」「おめでとー!」子供はニコニコ、目に見えてやる気になっていくのがわかります。
このシンボルイメージシートのステップがあるかないかでは、学習効果がまるで変わってきます。 子供自身も「勉強って、楽しい!」という気持ちがどんどんあふれてくるので、イメージ上手な子ほど、成績も優秀です。 通知表オール5や、テストは毎回100点という子が少なくありません。難関の付属小学校や、進学校にも続々と合格しています。
出典:聴くだけで頭がよくなる!『残り97%の脳』が目覚めるCDブック

右脳イメージングで大学合格祈願!東大に現役合格!

小田美規代さん

山岡先生の「誘導イメージングCD」をかけて、東大合格を果たした息子をイメージ。お気に入りの洋服を着た息子が、東大の赤門をくぐって教室に向かっている姿を思い浮かべました。CDをかけると、イメージングがやりやすくなり、東大に通う息子のイメージが次々と湧いてきます。
しばらくすると、CDをかけなくても、東大に合格した後に息子が過ごすであろう日々が、かなり鮮明に見えるようになりました。
受験番号がわかってからは、合格発表で番号が貼り出されているシーンをイメージ!これは何度となく繰り返しました。きわめつけは、「お母さん、受かったよ」という電話をもらい、うれしくて泣いてしまうイメージです。
息子は私がイメージングしていたことは知りませんが、夢に向かってしっかりと勉強。私も「勉強しなさい」とはひとことも言いませんでした。そして、自分の健康管理もきちんと行い、万全の準備で受験に臨むことができました。
おかげで、息子は東大に合格。毎日元気に駒場キャンパスに通っています。
出典:聴くだけで頭がよくなる!『残り97%の脳』が目覚めるCDブック

ピアノのオーディションに合格!

M.Nさん

娘はピアノは習っていますが、音から入るタイプのため楽譜を見て弾くのは苦手。しかしオーデションの曲をみるとかなり難しい……。本番までは10日しかなかったので、娘は「オーデションに合格した!」ではなく「オーデションまでに弾けるようになった!」をイメージすることに。そしてオーデションの日の朝は、自分で「天」「地」の「気」のイメージ+ワープを実践。本番前もすごーく緊張していたらしいですが、深呼吸をして、もう一度ワープしてから音楽室にはいったそうです。そして……びっくり!! 結果は合格! 見事にシンボルイメージシートに書いた、娘のイメージした通りになりました。
出典:ミラクル万能エネルギーで願いを叶える イメージ気功[実践編]

塾のテストでいい点をイメージしてそのとおりに

R.Mちゃん(5年生)

私は国語が苦手で、テストでなかなかいい点をとれなったので、塾のテストの時「イメージ気功」を使って「150点満点中110点以上とった自分」にワープしてみました。結果は138点で、塾で壁に貼り出されるほどでした。信じられないほど点数アップできていました。他の教科はイメージを使わなかったのでいつも通りでした(残念)。「総合で10番以内」という自分にもワープしてみたところ、結果はみごと「9番」で、お母さんから約束していたご褒美をもらいました。
出典:ミラクル万能エネルギーで願いを叶える イメージ気功[実践編]

子どものスイミング進級テスト合格に!

S.Tさん

娘が行ってるスイミングでは3ヵ月に1回、年に4回の進級テストがあります。級が進むにつれ難しくなっていくのですが、娘は緊張することなく進級テストをワクワク楽しんでる感じです。平泳ぎではカエルになったイメージでスイスイ泳げるイメージをして、テストに行く時は家でキラキラ光のイメージをして空中に線を引き、それをピョンと飛び越えて「よしっ、合格した!」と合格した自分にワープしてからスイミングに行ったそうです。見事合格しました。
出典:ミラクル万能エネルギーで願いを叶える イメージ気功[実践編]

子供が落ち着いている時間が長くなりました

N.Tさん 

子供とのバトルがある時、アイスブルー色の「気」で鎮静のイメージを使って、クールダウンしています。おかげで私自身が落ち着いて対応できるようになりました。子供が学校に行くと、勉強がスムーズにできるように紫のキラキラパワーを入れて、友達と仲良くできるように、そして楽しく過ごせるように虹色のパワーを振りかけています。さらに、学校全体、地球丸ごとをハッピーなイメージでくるんでいきます。すると私自身が爽やかな気持ちで過ごせます。
出典:ミラクル万能エネルギーで願いを叶える イメージ気功[実践編]